昔から食されてきた大衆魚を紹介します。

 日本人に親しまれている魚貝 大衆魚

日本では他の国と比べて独特の食文化がある。
四方を海に囲まれた土地柄、海産物を最大限に利用している。
素材の持つ味や特徴を代々現に生かそうとする和食では、外国にみられるような高カロリーの高塩分の料理が好まれない。米を主食として、大豆など穀物を利用して味噌や醤油を調味料として最大限利用している。獣の肉や油脂、乳製品などはほとんど利用されていない。
過去より、様々な漁獲法が開発、実践されて近海の海では大量の魚が水揚げされた。
大衆魚と呼ばれる魚は、安価であり大量に収穫される海産物が定義であり、反して高級魚とは手に入りにくく高価であるものが定義だろう。

たとえば秋に大量に漁獲される「アジ・サンマ」などは大衆魚の代表であり、1年中収獲されるがその漁獲量が極めて少ない「伊勢海老」などは高級魚の代表である。
魚に限らず、海産物も同様に分けられる。
シジミやアサリなどは大衆のものであり、アワビなどは高級に分類されるだろう。
更に、部位によっては高級に分類されるものもある。1例をあげればボラの卵巣で作る「からすみ」である。ボラは大衆魚に分類されるが、その卵巣から作られる「からすみ」はとても高価なものである。

日本人の食卓に上る大衆魚を一つずつ紹介する。
併せて代表的な調理方法も紹介する。塩焼き、刺身、煮つけ以外は無くてもよいと思うのだが・・。


banner アジ 鯵
大衆魚のの代表各
banner イワシ 鰯
大衆魚の代表であるが、近年漁獲量が激減している。
banner イカ 烏賊
庶民に親しまれているイカ
昔より加工品に利用された。
サイパンカントリーハウス 陶芸家Michiko sitemap 福井の賃貸 赤坂ライブ
Copyright(c) 2011 NG All Rights Reserved.